バス釣りでよく使うキャストまとめてみた。

ライフ

バス釣りでよく使うキャストまとめてみた。

バス釣り オーバーヘッドキャスト

オーバーヘッドキャスト

ロッドをまっすぐ上から振り下ろしてルアーを飛ばすキャストです。全てのキャストの基本とよく言われますが、個人的には結構難しいと思っています。

オーバーヘッドキャストはロッドの振り抜き動作をコンパクトにすることでルアーの重みが伝わりやすくなります。ただこのキャスト、風の抵抗を結構受けるので思っているほど飛びません。大振りせず、どちらかと言えばキレを意識するといいかもしれません。

基本、オーバーヘッドキャストは左右に大きく曲がることはないのでまっすぐ投げたいときは使いますが、バス釣りは障害物ありきのキャストがメインなので、エギやシーバス、メバル釣りとかの方が使う機会は多いと思います。

バス釣り サイドキャスト

サイドキャスト

竿を地面と水平に構えて振り切るキャストです。上に障害物がある時によく使います。

サイドキャストはロッドを大振りするとあんまりうまくいきません。脇を少し締める感じでロッドを手元に引き寄せるように振り切るとルアーの重みが効果的にロッドに伝わります。

サイドキャストは左右にロッドを振ってルアーを前に飛ばすので、ルアーの着地点が左右に振れます。軽いルアーだと特に顕著になるので、あまり思いっきり投げず、様子をみながら投げるといいと思います。

距離感はオーバーヘッドより掴みやすいです。個人的にはそう思います。バックラッシュもあんまりしないキャストですしバス釣りでは普通によく使います。

バス釣り アンダーハンドキャスト

アンダーハンドキャスト

ロッドの先端を地面に近づけてルアーを飛ばすキャストです。バス釣りではかなり使うキャストです。

アンダーハンドキャストは地面に近い位置に竿の先端を持ってくるため、ルアーが飛んでいく弾道はとても低く、風の抵抗をほとんど受けません。飛距離は意外とあって、慣れてくるとまじで最高で最強のキャストです。

アンダーハンドキャストのいいところは糸の垂らしがほとんど無い状態でもルアーを投げることができる点がまず一つ。あと障害物周り。特に木の下や草の下の影を狙う時にすごい使います。場合によってはスキッピングもしますが、基本はこれ。

バス釣り ピッチング

ピッチング

ロッドを持つ手と逆の手でルアーを持って振り子のようにしてルアーを投げるキャストです。

初めてこのキャストを見たとき、そんなことする必要ある?って思ったんですが、使えば使うほど使ってしまう便利なキャストです。

基本ピッチングは接近戦で使います。近い場所を正確に狙いたい時はまず使います。かなり正確にルアーを落とせます。あと着水音がめちゃくちゃ静かです。魚を驚かせたくない時はもちろん使います。

ピッチングは振り子の要領でルアーを投げるのですが、ルアーの重みが伝わった時にロッドをしゃくりあげる感じで軽く上に「ぎっ」っとやるといいです。ルアーを手で持つキャストなので針が刺さらないように気をつけてください。持つ場所はかなり大事です。

バス釣り スキッピング

スキッピング

ルアーを水面でバウンドさせ、障害物の奥の奥へルアーを送り込ませるキャストです。

バスプロがよくやるやつですが、まあ見た目がまず一番派手。バックラッシュの危険が常に付きまといますが、バックラッシュせずにスキッピングは可能です。初めは絶対無理やろ・・。って思ってましたが、練習すればできます。ブレーキは絶対強め設定で。

スキッピングはルアーが水面スレスレを跳ねて進むキャストなので、跳ねるルアーを使うことがまず大前提。正直スイムベイトが一番やりやすいです。ラバージグとスピナーベイトはトレーラーをつければ跳ねます。

このキャストを覚えるとマジで、釣果が変わります。今までの2倍は確実に釣れます。ありえないくらいルアーが奥まで滑り込んでいくので今までの常識が間違いなく変わります。バックラとの戦いですが、このキャストはやばいです。

バス釣り ロールキャスト

ロールキャスト

遠心力を利用しルアーを前方へ送り出すキャストです。

ロールキャストはロッドを振るスペースが限られている状況やルアーが竿の硬さに対して軽い場合に特に強いです。なんとかこのタックルで、この状況でやりくりしたい。そんな時、活躍します。

比較的飛距離もありますし、アンダーハンドやサイドキャストに近いですが、一瞬ためみたいなのがある分、正確性はロールキャストの方があるような気がします。というより、サイドもアンダーもロールキャスト気味でやると飛ぶし、正確性も上がります。

ロールキャストは地面に対して斜めにロッドの先端を向けて時計回りで竿を回転させます。2/3から3/4回転ほどしたあたりからルアーのリリースを開始し、元の位置に戻ってきたあたりでリリースを終える感じです。まあ、くるっと回して、パッと離す。ぶっちゃけそれだけです。

バス釣り フリッピング

フリッピング

ロッドを持つ手と逆の手でリールとガイドの間のラインを引っ張り、ルアーを振り子のように前方へ送り出すと同時にラインを持つ手を元に戻すキャストです。

フリッピングはピッチング同様、接近戦で使います。糸を直接手で引っ張るので素手の場合、摩擦による怪我に注意が必要です。特にラインが水で濡れてないとやばいです。一度キャストしてラインを水に濡らした後にやるのがオススメです。

ベイトだと正直ピッチングで事足ります。使う必要がないとは言わないですが、ピッチングでいいやん・・。ってなります。スピニングはベールを返す必要があるのとルアーをフリーフォールさせやすいので、個人的にはフリッピングは相性がいいと思ってます。キャストの正確さもフリッピングの方がある気がします。

バス釣り ロールピッチ

ロールピッチ

ロッドを前方向に構えてルアーを回し遠心力を使って投げるキャストです。

ロールキャストの前向きバージョンになります。個人的にはズボラキャストと思ってますが、やるのには意外と慣れが必要です。

ロールピッチは主に近距離を攻める時に使います。そんなに飛びません。ルアーの重さがロッドの硬さに対して明らか軽くて他のキャストでは投げられないという時でもこのキャストなら投げれます。

周辺を全て障害物で囲まれている状態、ありますよね?それでも前に少し空間があればロールピッチなら投げることができます。野池で困った時に使う最終奥義的なキャストです。

バス釣り スリークオーター

スリークオーター

後方上段から前方中段へとロッドを振り切るキャストです。飛距離がほしい時にはこれです。

投げ方はほとんどオーバーヘッドと同じですが、ロッドを振りかぶった後、斜め45°〜60°くらいで振り抜きます。投げるのに広いスペースが必要なので比較的障害物の少ない開けた場所で使います。

ペンシルやバイブレーションを遠投したい時には間違いなくこのキャストが一番です。使うルアーによってはびっくりするくらい飛んでいきます。対岸に激突する前にサミングしましょう。

バス釣り バックハンドキャスト

バックハンドキャスト

利き手が右の場合は体の左側を使い、利き手が左の場合は体の右側を使ってルアーを投げるキャストです。

バックハンドキャストは利き手の逆側でのキャストになるので、思っているより狙って投げるのが難しいです。フォアハンド側と比べると手の可動域も狭くなりますから当然といえば当然です。

私もあまりうまくないので偉そうなこと言えないのですが、バックハンドのこつは、手や体を使って振ろうとしないことかなと。ロールキャスト気味でロッドをしならせ、ルアーの遠心力を使って飛ばすといい感じになります。細かいところはサミング、フェザリングで修正です。

両手使えるとバックハンドの必要はなくなるのでバックハンドが苦手で無理なら両利きを目指すのも一つです。両手使えると疲労も半分になるのでまあ結構便利です。