釣りのススメ – 魚が釣れないどうしよう。

ライフ

釣りのススメ – 魚が釣れないどうしよう。

なぜ釣れない。その問いかけが成長の兆しである。私は先日釣りに出かけた。新しい場所で新しい釣りをした。全部が初めてだった。釣れるとはあまり考えていなかったけれどこれでもアングラーの端くれ。魚を釣る気で釣りをする。気合いのほどは御察しの通りだ。

色々した。船着き場の影を中心にジグヘッドやダウンショット、スプーンなんかも試した。一度明確なあたりはあった。でも小さかったのだろう。合わせを入れると軽くなり、見切れたワームが帰ってきた。あたりはそれっきりで、場所を変えたりリグを変えたりしたけれど、結局魚は釣れなかった。

なぜこんな話をしたのかというと、私がザ・初心者の頃は魚が釣れないのは当たり前だったからに他ならない。だからというわけではないが、初心者の人は魚が釣れなかったからといって特に思い悩む必要はないと私は思う。私の場合は魚が釣れなくても運が悪かったとか、なんの根拠もなく次は釣れるだろうとか、超楽天的だった。私は全くと言っていいくらい気にしていなかった。

ベテランでも釣れない日はある。だから釣れなくても特に気にする必要はない。むしろ気にしだすと疲れるからやめておこう。気楽にいこうぜ。

一方で私の釣りが急激に成長しだしたのは釣れない理由を悶々と考え出してからだ。多少の痛みを伴ってでも急激に釣りが上手くなりたい。そういった方にはおすすめだ。もし魚が釣れなくて本気で悩んでいるのなら挑戦する価値はあると思う。痛みを伴う覚悟がある者のみ挑戦してほしい。

私の釣りが変わり始めたのは釣れない理由を考え出してからだ。具体的に言えば、「あの時別のルアーを投げていたらどうだっただろう?」「もっとあのルアーを投げ続けるべきだったのでは?」「場所選びは適切だっただろうか?」そういった本当に素朴に感じたことを有耶無耶にせず次の釣りではどうしようかと考えて、試して、釣れなくて、また考えて、試して、釣れなくてを繰り返した。そうやって釣りを続けているうちに気がつけば私の釣りは以前とは違うものになっていた。

考えるようになってからは悲しいことに超楽天的ではいられなくなった。釣れなかった日には落ち込んだ。自分には才能がないとか、自分はダメだとか、考えれば考えるほど、そして釣れない日が続けば続くほど、釣りがとっても難しく険しい遊びに思えて仕方がなかった。だけど魚が釣れた時は、それはもう胸がはち切れそうなほど嬉しかった。

もし君が魚が釣れなくて真剣に悩んでいるのなら、なぜ釣れなかったのかを考えてみてほしい。そして次はどうするかを決めよう。なかなかいい考えが浮かばない時は動画や雑誌、DVDや本を通して学んでみる。いつも見たり読んだりしているのなら、もっとじっくり見て読んでみよう。きっと何か手掛かりが見つかるはずだ。試してみたい事が頭に浮かんできたらもう一度チャレンジだ。