釣りのススメ – 釣具の選び方

ライフ

釣りのススメ – 釣具の選び方

釣具屋に行くとたくさんの釣具が置いてありその種類の豊富さと量にまず圧倒される。そして魚がいるのかと覗き込んだその先には気持ちの悪い餌が置いてあったりして「ヒィ」と悲鳴をあげたりあげなかったり。釣具屋は何度行っても飽きない場所だ。

それはそれとして釣具の選び方を紹介しようと思う。私も曲がりなりに釣りに親しんできたので色々と吟味できるようになった。なので私が思う釣具の簡単な選び方を紹介しようと思う。参考になるはずだ。ならなかったら、まあ、なんだ、忘れてくれ。

釣具の選び方は色々ある。その一つに狙う魚を決めて釣り道具を揃える方法がある。この方法の場合、狙う魚をまず決める必要がある。メバルなのかシーバスなのかブラックバスなのかイカなのか。

そして狙う魚が決まればその魚専用の釣具を探す。あればそれを買う。専用に作られているので特化型釣具とでも名付けておこう。なぜそうするのがいいのか。それはその魚を釣り続けた釣り人とメーカーが共同で開発を行っているからだ。使いやすい釣具に仕上がっているはずだ。やつらのこだわりを舐めてはいけない。

次に使いたい道具から釣具を選ぶ方法。例えばこの竿がカッコいい。あのリールを使いたい。あのルアーを投げたい。そういった使いたい釣具があってそれを中心として道具を選び、組んでいく方法がある。その中でも多いのは使いたいルアーや仕掛けから釣具の構成を考えるというものだ。

ルアーや仕掛けは一律ではない。どれも個性的で魅力的だ。それだけにルアーの重さは異なる。それに適したロッド、リール、ラインが変わってくる。上級者はそれらを鑑みバランスよく組み合わせてストレスの極めて少ないタックルを組み上げるのだけれど、ここでは他所に任せ割愛させてもらう。自分もそんなに詳しくない。

最後になるが、とにかくよくわからん。釣りは知らん。そういった人にお勧めなのが、初心者セットだ。とりあえずそれを買っておけばいい。それにもし不満が出てきたら、誰かにあげるなり捨てるなり、可能であれば売るなりなんなりする。

初心者セットを勧めるのは実際私も初心者セットから始めたからだ。初心者セットを使うことのメリットはまず安い。とにかく安い。そして潰しがきく。竿やリールは意外と繊細で使用後に手入れをしてやらないと傷みが早い。特にリール。手入れを怠ると使えたもんじゃない。竿も手荒に扱うとすぐ折れる。はじめは扱いも慣れていないし、いっちゃなんだが絶対に雑だ。だから高いものを買うのはやめておくこと。竿の修理代は結構高いから。

初心者セットに慣れてきたら色々と見えてくると思う。ほしい釣具も出てくるだろうし、やりたい釣りや釣りたい魚なんかも出てくると思う。そうなった時に初めて特化型釣具に手を出してほしい。その性能の違いに目玉が飛び出ること間違いなしだ。けれどそれは初心者セットを使って不満を抱いた先にある感動なわけなので、初心者セットでまずは楽しく釣りをしてほしい。