日本の釣具メーカーまとめてみた。

2020年2月16日ライフ

日本の釣具メーカーまとめてみた。

日本の釣り具メーカーまとめてみた

順不同

SHIMANO

日本の総合釣具メーカー。ロッド、リール、ルアー、アパレル等、幅広い魚種にも対応。釣り業界では世界的に有名なブランド。中でもリールの開発力、ブランド力に定評あり。スピニングリールのステラは価格・知名度ともに今なお絶対王者として君臨する。

http://fishing.shimano.co.jp/

GLOBERIDE

DAIWAブランドで有名な日本の総合釣具メーカー。シマノと並び立つ釣り業界の巨人。ロッド、リール共に開発力、ブランド力に優れており、契約を結ぶプロアングラーの影響力も強い。

http://www.globeride.co.jp/

Megabass

匠の精神が宿っているかのような、ものづくりを行う総合釣具メーカー。バスフィッシングを起点とし、トラウト、ソルト、ナマズなど他業種へも対応。ロッド、ライン、リール、ルアー、アパレル等揃えようと思えば、このメーカーで全て揃えることが可能。多数の製品でGoodDesign賞を受賞している稀有なメーカー。個性的なルアーも豊富。

https://www.megabass.co.jp/site/

MajorCraft

中価格帯でありながら実用に足るブランドを多数抱える日本のロッドメーカー。ソルト、バス、エギ、トラウトなど様々な魚種に対応可能。ルアーやアパレル、各種備品なども展開中。初心者や中級者に最もオススメできるロッドメーカーと言っても過言ではない。

http://www.majorcraft.co.jp/

SUNLINE

材料メーカーや大学との共同研究や開発を行いながら、フィールドスタッフからの現場の声も大切にする日本のラインメーカー。バス、ソルトはもちろん鮎、ヘラブナ、ワカサギ専用のラインも展開。海外のプロアングラーを起用、アメリカに子会社を設立するなど海外展開にも果敢に挑む。

http://www.sunline.co.jp/

YAMARIA

エギで圧倒的知名度を誇るYAMASHITAとソルトルアーの草分けMariaで有名な海のルアーメーカー。釣具メーカーでありながらITへの投資や各種イベント、保護活動にも積極的。独自に設けたフィッシングマイスター制度などユニークな取り組みも光る。海外の取引先も多く、世界でブランドを展開。

http://www.yamaria.co.jp/

DUO

こだわって、たどり着いた答えは純日本製。Made In JapanなルアーメーカーDUO。バス、ソルト、トラウトで製品を展開。海外の取引先、プロスタッフ多数所属。日本の釣り業界で失敗した人物をも起用する、懐の深さを併せ持つ非常に珍しいメーカー。

https://www.duo-inc.co.jp/

DUEL

エギのYO-ZURI、そしてバスではHARDCOREでブランド力を持つルアーメーカー。特にYO-ZURIのエギはYAMASHITAと並ぶ日本エギ界の重鎮。黎明期から海外市場の開拓に取り組み、YO-ZURIのブランド化、取引先も多数獲得。ソルト、タコ、太刀魚、タイラバ、ラインなども展開。

http://www.duel.co.jp/

KUREHA

今では当たり前のように使われているフロロカーボンライン。これを世界で初めて市場に送り出したのがKUREHAだ。フロロカーボンラインのパイオニアらしく、ラインの原料開発から行う徹底ぶりで、これが個性あるラインを生み出す原動力にもなっている。フロロといえばSeaguarと言えるくらいブランド力は強く、各魚種専用ラインがある。特にSeaguarのR18が有名。

http://www.seaguar.ne.jp/

MARUKYU

釣りエサで他を寄せ付けない圧倒的なブランド力と商品開発力を持ち、昔から釣具屋のエサコーナーを支配する釣りエサ界の番人。ルアー部門ではバスのNORIES、海のECOGEARの強力な二代ブランドを持つ。また釣りに伴う環境負荷の分析や取り組みにも積極的で、持続可能な釣り環境への投資、釣具の開発など環境保全への意識も高い。アパレルも各種展開中。

https://marukyu.com/

GAMAKATSU

釣り人に選ばれ続ける安心と信頼の老舗釣り針メーカー。釣り対象魚に合わせた専用設計のフックは魚の上あごをがっちり捉えて離さない。海外にも販路を持ちSPROが欧米市場で特にその存在感を示している。日本ではロッド、ルアー、アパレルも展開。特にロッド部門のLUXXE、がまシリーズがアングラーのハートを掴んでいる。

http://www.gamakatsu.co.jp/

JACKALL

型にはまらないマーケティング姿勢で時代の潮流を乗りこなす変幻自在な商才企業。黎明期からの積極的なWEB活用に、実績を問わない有望な若手アングラーの登用。Youtuberとのコラボなど、そのマーケティング姿勢は他の企業の追随を許さない。バス、ソルトルアーをメインとした商品開発力、ブランド力も十分。ロッド、ライン、アパレルも手がける。

https://www.jackall.co.jp/

FUJI

FUJIといえばガイド。ガイドといえばFUJI。ロッドパーツであるガイドを革新し高い品質と信頼で釣りを変革する釣り業界のintel。自然保護や環境保全への意識も高く、梱包資材の見直しや水辺の清掃活動への参加、太陽光発電の事業展開など環境面での取り組みにも積極的。世界37ヵ国で商標を取得。

https://www.fujitackle.com/

OLYMPIC

コスト削減を目的に海外に生産拠点を移す企業やOEMによる外注化が主要トレンドになる中、日本で開発、生産を行うロッドブランクメーカー。主要取引先である東レを巻き込んだ研究開発、ゴルフ事業で培ったノウハウをロッド開発に転用するなど、高品質で個性あるブランクを多数生産。各魚種専用設計のロッドも展開。

http://www.olympic-co-ltd.jp/

MEIHO

唯一無二の選択肢。釣り人の期待を裏切らないタックルボックスメーカー。カッコよく、ちょうど良い。痒いところに手が届く。そんな商品を多数展開。磨耗によりブランドロゴVERSUSの印字が消えかかると、もっと大切に使おうという気さえ起こさせるVERSUSのブランド力はまさに本物。

https://meihokagaku.co.jp/

OSP

派手な装飾は一切ないと言っても過言ではないくらい作り込まれたその機能美は、使い込むほど実感し、釣果がそれを証明する。次々と生まれる新しいルアーの波に揉まれながら、それでも生き残るルアーが多い。使いやすく、釣れる。だから選ばれる。余計なものを削ぎ落とした、使えるルアーを提案するルアーメーカー。アパレルも展開。

https://www.o-s-p.net/

deps

バス釣り界の台風の目。デカいブラックバスにターゲットを合わせたものづくりはコアなファンを惹きつける。独特の着眼点とオリジナリティで周期的に業界を席巻するその姿はまさに台風の目。ルアー、ロッド、グッズ、アパレル等展開。

https://www.depsweb.co.jp/

AMSDesign

シーバス人気で急浮上。シーバス界のポップスターここに現る。imaブランドで有名なルアーメーカー。その独特の優しい瞳と現代的で先進的なルアーデザインは日本の可愛いが詰まったPOPアート。持ってて楽しい、使ってもっと楽しいが詰まっている。日本ではトラウト、海外でもルアーを展開。

https://www.ima-ams.co.jp/

OWNER

Cultivaブランドで有名な日本の釣り針メーカー。シンカーや各種備品も豊富。世界約70ヶ国にて展開するグローバル企業。魚がいてくれるからできる釣りという遊び。その魚への感謝と供養を込めた法要を3年に一度行なっている釣り業界の仏様。

http://www.owner.co.jp/