アニメ「炎炎ノ消防隊」見た感想。あの事件があって見るのを諦めてたけどそれも時間が解決してくれた。

ライフ

アニメ「炎炎ノ消防隊」見た感想。あの事件があって見るのを諦めてたけどそれも時間が解決してくれた。

アニメ炎炎ノ消防隊見た感想

https://fireforce-anime.jp/season1/

当時、アニメ炎炎の消防隊の一期が始まってすぐの頃、京アニのあの事件が起こりました。

私はそれをネットニュースで知りました。

友達や身内があの中にいたわけではありません。それなのに心の中にぽっかりと穴が空いたような言いようのない虚無感がじんわりと私の体に広がっていきました。

それも一瞬ではなく、思い出すたび続きました。

私はアニメが好きです。京都アニメーションの作品が好きです。あの日、それらの何かが失われたのです。

あの日を境に過去の作品が消えてしまって、一生見ることができなくなったわけではありません。そんなことは分かっています。

多くが失われたのです。他人事として捉えることは私にはできませんでした。

私は受け入れることができませんでした。だからでしょうか、炎炎ノ消防隊を見ると京アニを思い出して苦しくなったのです。

だから見るのをやめました。というより見続けることができなくなりました。

あれからいくらか月日が経ちました。

私の中で納得したとかそういうことではありません。受け入れたとも違います。

ある時YouTubeでMrs. GREEN APPLEのインフェルノを聴くことがありました。

その時は、いい曲だなと思ったのとなんか聞いたことあるなあと思ったくらいで対して興味を抱くことはありませんでした。

それからまた何度か聴く機会があって、これは炎炎の消防隊の曲だったんだということを知りました。

炎炎の消防隊に興味が出てきたのはそれからです。

見てみようと思ったのはそれからだいぶ経ってからです。

放送するタイミングが違えば、すごくハマっていたかもと思える作品でした。

主人公は炎を使いますが、その力に目覚める仮定で家族との別れを経験しています。

彼も火事で多くを失っていました。彼がよくする引きつった笑顔も後遺症の一つなのかも知れません。

大災害で変化してしまった世界で、焔人になった人を鎮魂する消防隊。

主人公はその消防隊に入隊し、徐々に世界の謎に迫っていきます。

伝道者とは。アドラバーストとは。人体の自然発火現象とはなんなのか。

決して一枚岩ではない消防隊組織の中で、主人公はその行動力で道を切り開いていきます。

人体発火により焔人となってしまった人に最後の祈りを捧げる修道女がこの作品には登場します。

宗教が人に与える影響、なぜ祈りが必要なのかという部分への言及や宗教観の違い、これまで信じていたものへの疑いなど。

ただのバトル救助アニメではない、深みのある作品に私は感じました。

人気が出る理由も分かります。

もし、見るのを迷っている方がいるのであれば。もしかすると、まだその時ではないのかもしれません。

焦る必要はないと思います。