【迷走神経反射】親知らず歯医者で抜いたらその後、ぶっ倒れた件。

ライフ

【迷走神経反射】親知らず歯医者で抜いたらその後、ぶっ倒れた件。

親知らず抜いた後、倒れた件。

先日歯科検診のために、歯医者にいった時に、親知らずが虫歯になりかけていると言われました。

すぐに抜かないとやばい状態ではないけれど、いずれ虫歯は進行するので削って治療するか、抜いてしまうかどうするか選ぶことになりました。

私は抜くことにしました。SNSで親知らず抜きました報告とかも結構見かけたこともあり、リアルでも「抜いたよー。」とか聞いていたので、

どんなものか経験しとくかということで、抜くことにしました。

歯医者さんによると歯自体はまっすぐ生えてきているから治療自体はそんなに時間はかからないはずだからと言われましたが、

一回、考えてそれから決めたらいいからね。とアドバイスをいただき一度この件は持ち帰ることになりました。(もう、この時抜くと決めていましたが・・)

約束の受診日。先生と歯科衛生士さんに「親知らず、抜きます。」私はそう伝えました。

先生は「オッケー、分かった。とりあえず、今日は歯石取って、次抜きましょう。」そう言って、話がまとまりました。

当日。10分前に歯医者に到着し、待合室で名前が呼ばれるのを待ちます。

歯石を取るのとはわけが違うので、前日からあまり眠れなかったのを思い出します。

名前が呼ばれました。いよいよです。先生と挨拶を交わし、治療台に仰向けで寝ます。

まずは麻酔です。「少し、ちくっとしますよ〜」先生がそう言って麻酔を歯茎に注射します。

「もっと口開けて〜」先生が私に言います。痛いので、口が徐々に閉じていたようです。

麻酔が終わりました。

麻酔が効くまで待機になります。出来ればこのまま眠りたい気分ですが、緊張で意識はもちろんハッキリしています。

15分から20分ほどたったくらいでしょうか・・正確にはよく覚えてないのですが、先生が私のところへ戻ってきました。

「さあ、親知らず今から抜いていきますね〜。」先生の声は優しく、頼もしい声でしたが、それでも不安が募ります。

治療が始まりました。目をつぶっていたので何をされたのかは分かりませんが、歯をぐいぐいと引っ張られる感じを覚えています。

痛みは麻酔をしていたので、全く?と言っていいのか分からないですが、よく分からない間に歯が抜けました。

たぶん、10分もかかっていません。ぎゃっと歯を掴まれ、グイグイグイとされて終わりました。

こんなあっさり終わるとは思ってなかったので、私としては拍子抜けでした。(これで良いんですけど。)

実際に抜けた歯を見せてもらうと本当に、虫歯になりかけていました。やっぱり、定期的に歯科検診は行った方がいいですね。

その後、歯科衛生士の方や先生から今後の対応についての説明を歯を抜いたその場で受けました。

そして、うがいをしました。

私の口から血が洗面台へと流れます。

おそらくこの辺りから、ストレスと緊張が一気に解放されたのか、逆に一気に襲ってきたのか自分ではあまりよく分かっていないのですが、そのどちらかが始まりました。

血止めのガーゼを当ててもらい、待合室に戻ります。

戻る時、歩くのが少ししんどかったのを覚えています。視界が少しぼやける感じで、かなりの安堵感に包まれていたような気がします。

待合室の椅子に腰を下ろしたところでした。私の意識が消失しました。

気がつくと、横向きに寝転がっていました。

ここがどこだか分からず、一生懸命に把握に勤めました。

まず、家だと思ったのです。私が横向きで寝る場所など家くらいしか思いつきません。

けれど、人がいる。私は一人暮らしなのに周りに人がいる・・。

ここで家ではないことを理解しました。

家でない場所で寝ている・・。おかしい・・。そう思うわけです。

「大丈夫ですか・・?」「大丈夫ですか・・?」

女性の方が私を囲んで声をかけています。私はよく分からず、「大丈夫です。」そう言って立ち上がりました。

その時点でようやく気がつきます。ここは歯科で、私は気を失ったのだということに。

その次に気づくのが、体の不調です。体の痺れとよく分からない尿意があった気がします。気絶して筋肉が緩んだせいでしょうか・・分かりません。

歯の治療台に寝かせられて、先生に色々質問をされました。

意識はハッキリしていたのですが、体の痺れ、特に顔から胸にかけて痺れていたのと、倒れた時にどこを打ったのか分からないということもあって、総合医療センターへ行くことになりました。

タクシーで行きました。タクシーの運転手さんが妙に私に話しかけてきたのを覚えています。

その運転手さんが言うには、「親知らずは舐めちゃいけないんですよ。」「親知らずは病院で抜いた方がいい。なんかあったら困るからね。」「だから私は病院で抜いたのよ。」そう言って私に体験談を色々話してくれました。

体がしんどくて、話に相槌を打つのもきつかったですが、そこはなぜか頑張ってしまいました。(私の性です。)

病院に着きました。事前に話を通していただいていたので、すぐに救急で診てもらうことができました。

先生にこれまでの経緯を説明して体を見てもらいました。結果は異常はなさそう・・。でした。

レントゲンをとってもいいけど、骨が折れてる感じはしないし、被曝もするし、まあ取らなくても大丈夫と言われました。

後で歯科の先生にそれを伝えると、「大丈夫かどうかを確認するためにレントゲンが必要になるんだから、取らなきゃ。」とお叱りを受けました。

確かにその通りだなと、思いました。こういった経験が少ないので救急の先生の勧める方に決めてしまった自分が情けなくなりました。

歯科の先生はとても責任感があって、後ほど状況確認のために電話をいただきました。これが普通なのかもしれないですが、

みんながみんな出来るとは思えません。歯の治療の手際もいいですし、すごい先生だなと、人として尊敬できるなと思いました。(ヒゲモジャだけど)

数日経って、体の痺れは無くなりました。特に痛いところもなく、無事に済んだようです。額に少し傷があったので、たぶん倒れた時に出来たのでしょう。それも、1週間ほどで治りました。

今回、なぜ私が倒れたのか、原因については不明ですが、救急の先生が言っていたのは「迷走神経反射」という症状を言われていました。

迷走神経反射は過度のストレスや緊張によって失神してしまう病気とのこと。私の場合は、痛みとストレスが引き金になったのかもしれません。

迷走神経反射についてはこちらのサイトが詳しいです。迷走神経反射について

漫画とかでよく見る、強い刺激を感じて倒れてしまうあれのような気がします。

私の場合は、椅子に座る前に急に視界が悪くなって、疲れ?なのか分からないですけど、座らないととにかく危ないと思って、座りました。

椅子に座ったら、急に眠るように意識を失いました。気づいたら、床で横になってたというわけです。

歯科の先生いわく、ごくごく稀に親知らずを抜くと気分が悪くなる人がいるとのことで、

私はそのごくごく一部の人間だったようです。採血でも倒れたことがありますし・・。

ここで言いたいのは、親知らずを抜くのは思ってるよりも体への負担、精神的負担が大きいことです。

治療が終わるとすぐに歯医者を出ないといけない感じになりますけど、倒れたことがある人とかは絶対に無理をせずにその場で1時間ほど寝かせてもらう方がいいです。

それが出来ない歯医者はたぶん無いとは思いますけど、とにかく無理せず、急いで帰らず待合室でゆっくりするとかしていただけたらなと思います。