Windows10のレノボのパソコンでキーボードが使えなくなる不具合が発生したけど放電とバッテリーの抜き差しで直った!

ライフ

Windows10のレノボのパソコンでキーボードが使えなくなる不具合が発生したけど放電とバッテリーの抜き差しで直った!

レノボ ThinkPad 外観

充電状態で1ヶ月近く使わなくて、久しぶりにパソコンを起動させるとキーボードが反応しない不具合が発生しました。OSはWindows10です。

困ったなと思って検索して調べてみると、放電させるといいとの記述があったのでまずはACアダプタを抜いて、電源を入れっぱなしにして放置しました。

レノボ ThinkPad ACアダプタ

こちらがACアダプタです。

しばらく経過してからパソコンの電源を投入します。

レノボ ThinkPad 起動

ACアダプタは接続しません。緑のところが光ってパソコンが起動しました。画面にはバッテリーが少なくなっていますの表示がされて、自動でシャットダウンしました。

バッテリーの充電が減ったことが確認できたので、バッテリーを取り外します。

レノボ ThinkPad 裏面バッテリーロック部分

パソコンの裏面にある赤枠で囲ったところを触ってロックを解除します。

レノボ ThinkPad 裏面バッテリー取り外し

バッテリーを取り外すことができました。

もう一度取り付けます。

あとはACアダプタをパソコンと電源に繋いでパソコンを起動させます。

これで私のパソコンは無事入力できるようになりました。もし、キーボードが使えない不具合が出たら試してみてください。